海外のインフルエンサーをマーケティングに活用するなら「Gantale」

English

米2大YouTuberカップルが婚約!でも人々はなぜ半信半疑なのだろうか?

問題児ユーチューバーのローガンポールの弟として知られているジェイクポールがアメリカ時間24日の深夜に数ヶ月間交際をしている、同じくユーチューバーとして活躍する彼女タナ・モンジョーにプロポーズをしたと報道されています。だが、このおめでたい発表に人々は半信半疑なようだ。

タナーが”プロポーズされて婚約しちゃった”というツイートインスタでのストーリーズで広まったようで、プロポーズが行われた場面はタナーが21歳の誕生日パーティーで訪れていたラスベガスのクラブだそう。

タナーが当日投稿していたストーリーズは既に消えてしまっているが、プロポーズのケーキと新しい婚約指輪を見せていた。

普通はファンやインターネット上の人々はこういったおめでたい知らせを聞くとお祝いムードになるのだが、今回の2人の場合はほとんどの人が初めは”嘘”だと思ったのだ。

ツイッターでの反応を見てみると

”これが嘘だったら怒るし、そうじゃなくても怒る”というツイートに対してタナーが

”嘘じゃないわ。婚約しちゃった。やばい”と返信している。

”タナーがやる事なす事全てが嘘か本当かわからない。次はジェイクと婚約?もっと混乱してきた。”

”タナーとジェイクが偽カップルだと思いきや婚約した時の顔”

”ちょっと、タナーとジェイクの関係性はどうなってるの?偽カップルじゃなかったの?婚約は嘘?私騙されてる?”

上記は数件のツイートだが、ネット上のほとんどの人がお祝いどころか彼らの関係性を”偽カップル”で”婚約も嘘なんじゃないか”と半信半疑の状態となっている。

というのも、これだけ人々が2人の関係性を疑うのにももちろん理由がある。ジェイクはタナーと付き合う前に関係を持っていたエリカ・コステルとの関係性は”完全に嘘だった”と公式に言ったからだ。また、お相手のタナーはユーチューブを始めたばかりの頃からずっと”彼女のコンテンツは全て嘘” ”作り話ばかり”と言われてきている。

 

また、タナーの元彼女として知られているベラ・ゾーンは自身のインスタグラムに感情的なセルフィーやツイートをしている。

1枚目の投稿は本アカで2枚目の泣いていたようなセルフィーと”元カノが婚約した時の回”と悲しい絵文字付きで投稿している。

それに”omg”と反応したタナーのコメントはこちら。

ツイッターには怒った顔の絵文字と共に”ジェイクは婚前契約書にサインしないとだめ”と書かれている。

だがベラはベラで既に新しい交際相手がいるため少し感情的になっているだけかと思われる。

果たしてタナーとジェイクの婚約は”本当”なのだろうか?この先どうなっていくのか目が離せない。

海外のインフルエンサーと国内企業のマッチングプラットフォーム

Youtubeを始めとするSNSを使ったデジタルマーケティングにより、世の中に広まるブランドの新商品や、新しいサービスを世界中に届け、「認知の拡大」と「企業ブランディング」の最大限の効果を引き出します。