海外のインフルエンサーをマーケティングに活用するなら「Gantale」

English

週刊ジェイシェティー#4【寂しさに負ける事とは】

ユーチューブ上で今大人気の知恵動画で有名なアーバンモンク:ジェイシェティの動画を日本語字幕・解説付きでご紹介する週刊ジェイシェティですが、5回目の今回の記事は”寂しさに負ける事とは”についてご紹介したいと思います。日本にいると都会や満員電車では人々がたくさん行き交っている街ですが、一人家に着くとふとさみしいと感じる事はありませんか?その寂しさゆえに本当に求めているものを追った経験がある方もいるかと思います。

寂しさを理由に人を追うと、欲しかった結末にならなかったり寂しさは解決されてもその他の問題が出てくる事はよくある話です。寂しさを誰かで埋めようとすると不健康な関係になったり、依存した関係になってしまいますよね。そして寂しさを埋めるためだけに近寄って来られた人からすると、そういったエナジーは伝わってしまうのです。

また、周りのみんなが付き合っているから彼氏・彼女がほしいな、何か空っぽな感じがするから誰かと一緒にいたいな、などといった下心を持って人と接する時、それはばれているのです。

愛というのは、欲しい時に探すのではなく、準備ができている時に探しそういった正しいタイミングで愛もあなたを探してくれるのです。自分自身の事を完全に理解してない時に他の人の事など尚更理解する事など難しいのです。また、よく”理想の人”や”the right person(正しい人)”というのは自分自身が既にそうなっていない限り、それもまた難しいと言えるでしょう。

”自分を幸せにしてくれる人”を探す代わりに、自分が誰かを幸せにできる存在になってなければならないのです。

寂しさがゆえに失敗しない為に出来る事といえば、まず自分自身に集中すること。自分自身を愛し、自分自身を理解し、自分自身だけでいることに幸せを感じ、自分自身と向き合うことが大切なのではないでしょうか。誰かと付き合う前に、自分自身との関係というのがまず一番大切な付き合いなのではないでしょうか。

仕事などで1日に何個ものミーティングをこなしている忙しい日常を送っている私たちですが、私たちは一番大切なミーティングというのを忘れているのです。それは自分自身とのミーティング。

自分自身の事はさておき、友達関係や恋愛など他で関係性を作る事に集中しがちですが、一番大切な関係性を忘れているのです。それは自分自身との付き合い。

スマホを手に取れば誰かに暇電をする事も、SNSを開けば世界中の人々と簡単に繋がれる事も、出会い系アプリで同じものを求めている人を探すのも、少し繁華街にでればたくさんの娯楽が私たちを待ち構えている中、全てを一時停止して自分自身の時間を作る事は今の時代の私たちには慣れていなく、時には難しい事ですが、自分一人になって向き合う事、自分の価値を知る事という一人の時間も大切なのです。

寂寥感を埋める為にできた関係性はほとんどの場合、逆に私たちに空虚感を与え更に虚しさを感じてしまう事が多々あります。そしてその寂寥感というのは、既に過ぎ去った過去の関係性に私たちを戻してしまうのです。私たちは寂寥感を埋める為なら、それを何かで置き替えなければいけない、何かで隠さなければいけないというのが当たり前のように、機械的にその感情を処理しようとするのです。

ですが本当の愛、真実の関係性というのは流れるようにナチュラルで、オーガニックに生まれるはずなのです。寂しいと感じた時、それを自分と真正面から向き合える機会ができたと思うようにしてみる事から始めてみませんか?寂しさに負けずに、その時間を1日5分から出も自分自身に当て始めていく事は始めの大きな一歩です。自分自身のバリューを知らない時、他人があなたのばバリューを正しく判断する事は出来るのでしょうか?日々自分自身と向き合っていき、毎日少しづつでも今まで以上の自分を作り上げる事と、今まで以上の自分自身との関係性を作る事は、”幸せ”を感じられる一番の近道なのではないでしょうか。

また、一人になる事が寂しいといった気持ちだと思いがちですが、人と一緒にいるのに何か物足りない、何か違う、何か空っぽな気持ちになった事はないですか?そうなんです。自分と合っていない、間違った人々といる時最も私たちは寂寥感を感じるのです。

寂しいが故に、自分の価値や基準を下げていませんか?

海外のインフルエンサーと国内企業のマッチングプラットフォーム

Youtubeを始めとするSNSを使ったデジタルマーケティングにより、世の中に広まるブランドの新商品や、新しいサービスを世界中に届け、「認知の拡大」と「企業ブランディング」の最大限の効果を引き出します。